私はかつて就職活動に失敗しました。

  • Home
  • 私はかつて就職活動に失敗しました。

私はかつて就職活動に失敗しました。

  • 2019年5月11日
  • By Admin: abusan
  • Comments: 00

と、書くと氷河期の被害者や犠牲者のように聞こえるかもしれませんが、、、

 

単純に大学時代はまともに大学にも行かず

研究室にも入らず

パチンコ屋でバイトしたお金をすべて車につぎ込んでドリフトに夢中になっていて、

将来何をやりたいかも分からない、そもそもやりたいことなんてない。

 

失敗すべくして失敗したダメ人間です。

 

たまたま、父親が病気で車を運転できなくなった事がきっかけで

仕事を手伝ったりもしましたが、結局廃業したことにより就職。

そして数えきれないほどの転職を重ねてきました。

 

アルバイトなども含めると

・家業であった空調設備の手伝い

・ガソリンスタンド

・パチンコ屋

・とんかつ屋のキッチン

・中古車屋

・団体職員

・空調機メーカーの営業

・青果卸会社での総務経理業務

・IT業界での総務人事業務

・社労士事務所

・ファミレスのデリバリー

・引っ越し屋

・住宅展示場のイベント

などなど、、、、

 

自分の人生において無駄なことはひとつもなかったと思っておりますが、

遠回りしてきたことは間違いないです。

 

そんな中で現在こっそりやっている住宅展示場のイベントのアルバイトの同僚はみんなアルバイトなのですが

色々話をしていると

 

「将来やりたいことが分からないんです。」

「親に勧められて臨床検査技師の大学に行ってますが、本当に臨床検査技師がやりたいのか分からないんです。」

「安定しているっていうし公務員を目指そうかと、、、」

 

という子たちが多いこと多いこと

 

私はこの子たちに自分のような遠回りはして欲しくないと思い

その子たちに話していることは

「明確に将来のビジョンがあったり、やりたいことが決まっている人の方が少ないと思うよ。」

「まずは、自分がもっとも大切にしていることはなんなのか考えてみたらどうだろう?」

と伝えています。

 

バイト中でのおしゃべりなのであまり時間は取れませんが

「あなたの大切なものはなんですか?」

と簡単なコーチングみたいなことをやってみて深堀して聴いてあげてみます。

 

そして、

自分にとっての「大切なもの」というのは自分にとっての価値観であり

「自分の軸になるからその軸となる価値観を達成できることは何か?」

そこから就職先を考えると幸せになれるんじゃないかな?

そして価値観に合った仕事を選べば面接での志望動機も説得力があるし

下手な企業研究をするよりもよほど面接に受かる確率が上がるんじゃないかな?

と、伝えています。

 

家族との時間やプライベートの時間を大切にしたい価値観を持っている人が

自分の時間を犠牲にしてまで長時間働いて高給を貰う仕事についても幸せになれないし

 

人の役に立ちたい、困っている人を助けたい

という価値観を持っている人が

「来客したら買うまで帰すな」というようなやりかたを押し付ける営業の仕事をしても

苦しくなるだけで続かないから、、、

 

自分の大切なものが、価値観がよく分からないのであれば逆に

「自分がされて嫌なこと」も裏を返せば「自分の大切にしているもの」でもあると思うし

時間があるときにちょこっと思い出すだけでも良いから内観してみたら?

 

と伝えてあげるとあげるとたいていの子が喜んでくれます。

 

先日は

「講演を聞いているみたいで凄いためになりました!ありがとうございます!」

と言ってくれた子もいました。

 

 

そして、私の価値観は

困っている人に寄り添い救うことができ

人の力になれるパワーパーソンになること

これが私の価値観というより自分の人生のミッション(使命)となっております。

 

ファスティングのサポートも、メタボで健康を害してしまった人のためになりたい。

という価値観からきています。

 

職業生活は人生においてとても大きな比率を占めています。

なので大学生などの就活生が、将来私のような人生を送らないためにも

幸せな就職活動ができるよう力になりたい。そう思うようになりました。

 

そして

「大学や専門学校などでこの仕事選びという事について講演をできるようになりたい。」

これが私の目標のひとつになりました。

 

社労士として、チームビルディングのコンサルタントをしようと思い勉強をしているのも

表向きは企業のためではありますが、真意としてはそこに勤める従業員の方たちにも幸せになって欲しい。

そういう気持ちで学んでいます。

 

 

今回はとくにファスティングの事でも、社労士のことでもチームビルディングの事でもありませんでしたが

私という人を知ってほしくて書いてみました。

Leave Comments

ツールバーへスキップ