機能する組織づくり

  • Home
  • 機能する組織づくり

機能する組織づくり

  • 2019年5月9日
  • By Admin: abusan
  • Comments: 00

 

これって、、、

 

 

実は上司(リーダー)の責任だったりするのです。

 

 

なぜなら、

組織内において個人の目標は単体では存在しないからです。

 

というのは、

大元をたどっていくと、

企業の目的(ビジョン)を達成するために、

それぞれの部署ごとの目標が立てられ

その部署ごとの目的を達成するために

それぞれ個人の目標が立てられるからです。

 

なので、会社(上司・リーダー)が明確な目的(ビジョン)を個人に伝えられてさえいれば

おのずとどのように動けば良いかがわかり、個人個人が目標をもって動き組織が機能していくのです。

 

ということで、最も大切なことは

最初にあげたような

「目標意識を持って働いてくれない。」

「指示待ちで自発的に動いてくれない。」

「見当違いの目標をたて無駄な動きをしている。」

といった事例に対しての打ち手は

その個人個人に対して何か対策を行うのではなく

 

会社のミッションステートメント(ミッション・ビジョン・バリュー)

を作成して、全従業員と共有することが重要になります。

 

ミッションビジョンバリューの中でもとくにビジョンが重要になってきます。

 

ビジョンとは

2019年3月期 売上何億円達成

2020年3月 どこどこに新店舗開店

などの明確に目指す姿のことであり、

このビジョンが明確になればなるほど

しっかり全従業員に共有できればできるほど各部署の各従業員の目標が明確に立てられるようになります。

 

このように個人個人の問題だと思っていたら、実は組織として解決すべきことがあった。

ということが往々にしてありますので、これからもものごとの本質を見極められるよう

そしてそれをアドバイスしていけるよう精進していきたいと思います。

 

 

 

なお、上記のような

組織の目的が共有されれば組織が自然と動き出す。

これを「仮想体験ゲーム」を通して学べるツールがございます。

 

もし、ご興味があるかたは下記問い合わせフォームよりお問い合わせください。

しかりとファシリテート致します。

 

Leave Comments

ツールバーへスキップ